SERVICE

サービス概要

 

LavoDogは

愛犬を自身の手で

トータル的にケアしたいと想う

飼い主さまをサポートする

プライベートサロンです

 

Lavo Dogでは愛犬と飼い主さまにあわせて

「House Call 」(ハウスコール)
「Puppy Course」(パピーコース)
「Basic Course」(ベーシックコース)
「Master Course」(マスターコース)

といった4つのサービスをご用意しております。

いずれもオンラインセッションや対面セッションを利用した完全プライベートサロンです。

愛犬と飼い主さまの状況を把握するため、まずは無料個別相談にてカウンセリングを行わせて頂きます。

お気軽にご相談下さい。

愛犬を「こころ」と「からだ」の
両面から守ることができる。

そんな飼い主さまが増えていくことがLavoDogの夢です。

そのためには、
一般的なしつけ教室でのトレーニングや月に一度、愛犬をトリミングサロンへ通わせるだけではなく、日常生活での愛犬との良好なコミュニケーションのとり方や愛犬の健康維持に本当に必要な日々のケアを飼い主さまに学んでいただくことが重要です。

それら必要不可欠な要素を愛犬と共に総合的に、そして体系的に学べるプライベートサロンがLavo Dogです。

トリミングサロンの現状

愛犬のケアはトリミングサロン任せで安心ですか?

衛生面

多数の犬が出入りしている。道具は使い回し?
感染病、外耳炎、皮膚病の子、ノミ、ダニetc…

技術面

給料が驚くほど安く生活できないので離職率がとにかく高い。
新人さんが入れ替わりで犬の取り扱いに対する技術が低い。

愛犬にとってのリスクは・・・

病気をもらうリスク

生涯必要なケアやトリミングサロンが苦手になるリスク

健康維持のために必要なケアがストレスになってしまうリスク

一度苦手になると克服するのはトレーニングをしないと困難。

トレーニングはスモールステップで長期的なサポートが必要になるうえ、トリミングサロンで行う場合トレーナーの雇用が必要になるので一般的なサロンでは現状不可。

飼い主さまも週に何度もトレーニングのためにサロンに通うことは、時間的にも費用面でも厳しいのではないでしょうか。

また、しつけ教室では爪切りやブラッシングなどのグルーミングケアは専門外なので教えてもらえません。

普段は何もしないで汚れがひどくなったらクリーニングに出すように、愛犬をトリミングサロンへ連れて行くのでは本当の愛犬家と言えるのでしょうか。

さらに

10歳超えたらサロンに受け入れてもらえないリスク

病気になったらサロンに行けないリスク

寝たきりになったらサロンに行けないリスク

そして

シニアになって立ってるのが辛くなったらどうしますか?

10歳以上のシニア犬の44.3%が関節炎というデータもあります。

この状態でサロンで立ったままの状態でシャンプー、ドライング、カットなどお手入れされるのは犬たちへの負担が大きすぎます。

 

歳を重ねてサロンにトリミングを断られたり、サロンに行けなくなったら…

つまり

愛犬を生涯面倒見てあげられるのは飼い主さまだけ

Lavo Dogにできること

LavoDogでは、若いうちからのグルーミングトレーニングでケア慣れをしていき

こんな風に寝ながらリラックスしてケアを受け入れてくれるようになることを目指していただきます。

シニアになってからはもちろんシニアになる前でも、こんな風にお手入れさせてくれたら、

愛犬にも飼い主さまにもとても有効なコミュニケーションタイムとして愛犬の健康管理・維持増進をしていただけます。

Lavo Dogのサービス 一覧

受講の流れ

1. 個別相談 (無料 )

ズームアプリ等でのオンライン相談または対面にてカウンセリングを行います。

2. お申込み

個別相談にて決定したコースに正式にお申込み頂きます。

3. お支払 (クレジットカード・振込 等)

コース料金をお支払頂きます。月額分割の場合は毎月のご請求となります。料金の詳細は各コースをご確認下さい。

4. 受講

オンラインセッションや対面にて各コースを受講頂きます。基本的には愛犬と一緒に受講頂きます。
オンラインセッションはPCまたはスマートフォンがあれば受講可能です。(詳細は個別相談にて)

4. 修了

6. アフターサポート

コース修了後もご不安な点を解決できるよう継続的なサポートを行います。詳細は各コースをご確認下さい。
※別途月会費が発生致します